解体工事

アスベスト除去に伴う解体工事もお任せください。
当社では木造・鉄骨造・RC造の建築物解体に対応可能。

アスベスト除去時もそうですが、施主様はもちろん、近隣にお住まいの方への影響を最小限度に留められるよう、建物の造りに合わせて適切に解体を進めます。

■ 木造建築解体

一般住宅や店舗、蔵などの木造建物は様々な工法で建てられているため、構造自体が複雑なケースも数多くあります。
そのため当社では事前調査を徹底的に行い、それぞれの建築様式に合わせた工事をご提案。
建設リサイクル法に基づいて、分別やリサイクルもしっかりと行っております。

□手こわし解体
重機を使用せずに、バールなどの手道具で解体していく方法。
廃棄物を分別しやすく、騒音・振動などの影響も最小限に抑えられます。
建物の木構造部分の解体は、基本的に全て手作業で行っていきます。

□手こわし併用機械分別解体
現在主流となっている解体方法で、建物内部の造作を手こわしした後重機を搬入します。
発生量が多く、再資源化しやすい木くずやがれきを中心に、分別しながら作業を進めます。

■ 鉄骨建物解体

店舗や一般住宅、マンションといった大型の建築物などにも採用されている鉄骨造の建物。
周辺環境への影響はもちろんですが、軽量鉄骨か重量鉄骨かによって解体方法が異なるため、事前調査は欠かせません。
また、構造がしっかりしているため、安全性を確保することが工事を行う際のポイントです。

□ガス切断工法
金属を高温で酸化させた後、ガスで吹き飛ばして鉄骨を切断します。
振動・騒音が少ないので、建物が密集している場所や、狭い場所での施工に最適です。

□鉄骨切断カッター工法
油圧ショベルの先に鉄骨切断カッターを取り付け、解体を進めていきます。
大規模な解体にも対応できる、速度が速い、高所作業が少なく済むといったメリットがあります。

■ RC解体

RC(鉄筋コンクリート)造の建物は、鉄とコンクリートを組み合わせてできているため、頑丈にできています。
その分解体工事は大がかりになることが多く、粉じんや騒音対策をより厳重にしなければなりません。
他の解体工事に比べると、高度な技術や自治体への届け出が必要になるため、より慎重に作業を進めてまいります。

圧砕工法
爪型の刃を持つ圧砕機をショベルの先端に取り付けて、解体していきます。
最もスタンダードな工法で、騒音・振動も控えめ。

大型ブレーカ工法
圧砕機では不十分な大きな断面の部材や、鉄骨・鉄筋コンクリート造の建物の場合は大型ブレーカ工法を用います。
作業効率が高く、大きさや形状に関係なく解体できますが、その分振動や騒音も大きくなります。

ハンドブレーカ工法
重機が侵入できない場所ではハンドブレーカを使用します。
部分的な解体や内部解体に適しており、熟練の技術が必要です。

転倒工法
高さのある構築物を転倒させることで、解体時の危険な高所作業を回避することができます。
敷地の境界付近に外壁がある場合は、転倒させることで外壁を境界から離すことができるため、周囲への影響を最小限に抑えることができます。

【電話】080-9604-9111
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~17:00
【対応エリア】堺市から近畿一円で対応します

一覧ページに戻る