塗膜剥離

アスベストは外壁などの塗料や下地調整塗材にも用いられていたことがあります。
これらのアスベストは添加量が少なく、セメントや合成樹脂などの結合剤で固められていたため、通常の環境下ではアスベストの粉じんが飛散せず、健康面や環境面での影響が少ないと考えられてきました。

しかし、経年劣化や解体工事の際に既存の塗膜を除去する場合は、塗膜を破断せずに除去することが難しく、圧力がかかると飛散の危険性が高まります。
また、アスベストが使用されているかどうかが一目では判断できないため、事前調査をきっちり行うことが重要。

当社では事前調査をしっかりと行い、吹き付け材はもちろん、一見判断がつかないような部分の除去作業も着々と行ってまいります。
実績や経験も豊富にございますので、安心してお任せください。

■ 外壁アスベストを除去する際の注意点

アスベストには危険度を示す1~3のレベルが設定されています。
発じん性の危険度が高いものが1、逆に低いものが3というように設定されていますが、レベル3の解体や塗り替えであっても、処理を誤るとばく露の危険性があります。
また、アスベストが含まれている外壁だということに気付かず、高圧洗浄やグラインダーをかけてしまうと、周辺へ被害が及んでしまう可能性も。
そうした事態を防ぐため、STALでは「建築物石綿含有建材調査者」による事前調査を実施し、適切な処理を徹底しています。

■ アスベスト含有の可能性が疑われる外壁

建築用仕上塗装材 (1970~1999年頃まで使用・レベル1~3)
塗装のノビを良くしたり、塗装材のダレを防止するために石綿を混ぜて使用されていました。

下地調整塗料材 (1970年~2005年頃まで使用・レベル3)
外壁塗料の下地塗材などに多く使用されていました。

繊維強化セメント板 (1960年~2004年頃まで使用・レベル3)
耐火・耐熱性が高く、外壁や内装に多く使用されていました。

石綿含有金属系サイディング (1960年~2004年頃まで使用・レベル3)
高断熱性で軽量なため、一般住宅の外壁材として使用されていました。

石綿含有けい酸カルシウム板第1種 (1960年~2004年頃まで使用・レベル3)
軽量で断熱性に優れているため、天井材などに使用されていました。

石綿含有スレートボード・フレキシブル板 (1952年~2004年頃まで使用・レベル3)
防火性が高く、天井材などに使用されていました。

【電話】080-9604-9111
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~17:00
【対応エリア】堺市から近畿一円で対応します

一覧ページに戻る