よくある質問

Q.アスベストの何が問題なの?
A.アスベストそのものに毒性はありません。
飛散したアスベストを吸入してしまうことが問題です。
吸い込んだアスベストの繊維は肺の中に残り、肺がんや悪性中皮腫、石綿肺の原因に。
現在起こっているアスベストが原因の健康被害は、多くが数十年前の様々な作業現場などで飛散したアスベストを吸い込んだことによるものです。

Q.建築物でアスベストが使われているか調べるには?
A.建築物の施工を担当した業者に問い合わせし、設計図で確認します。
建築時の情報を得られない場合は、目視での確認や吹付けアスベストが規制された年代と建築年次、使用されている用途などにより類推する方法があります。
詳しくはご相談ください。

Q.アスベストはどこに使われていますか?
A.アスベストは様々な用途に使われており、石綿製品は3,000種類ともいわれていますが、その9割以上が建築建材製品(耐火壁・天井・外壁など)に使われてきました。
また、電気製品や自動車、家庭用品の一部にも使用されています。

Q.どの程度の量のアスベストを吸い込んだら発病するのか?
A.アスベストを吸い込んだ量と、中皮腫や肺がんなどの発病には相関関係が認められていますが、短期間の低濃度ばく露における発がんの危険性については不明な点が多いとされています。
現時点では、どれくらいの量のアスベストを吸えば中皮腫になるかということは明らかではありません。

Q.アスベストを吸い込んでいた可能性がある場合、どうしたらいいでしょう?
A.アスベストを吸い込んだ可能性のある方で呼吸困難、咳、胸痛などの症状がある方、未発症でもご心配な方は近隣の労災病院等の専門医療機関にご相談ください。
使用の有無を業者や建築士等に問い合わせるなどの対応が考えられます。